ysheartの長い旅

観戦、観劇、鑑賞をきっかけに感傷に浸る旅の記録です。

#84 鮎川誠さんの「ロック葬」に参列した日

2月4日立春シーナ&ロケッツの鮎川誠さんの「ロック葬」に参列しました。

 

鮎川誠「ロック葬」

式場:星かげの迎賓館

2月4日 17時~20時 一般参列

 

鮎川誠さんのロック葬。

 

当初は、代沢の森厳寺が会場となる予定でしたが、代田橋駅(京王線)から近い環七沿いの葬儀場に変更になった、ということをTwitterで知らされました。

先月30日、鮎川さんの訃報に接し、つい最近まで元気で次のライヴのことを伝えていたと思っていたので、突然のことにショックを受けました。僕自身は、ロック全般のファンであっても、シーナ&ロケッツや鮎川さんの特別熱心なファンとしてやってきたわけではないのに、ああ、また・・・という、後悔にも似た気持ちが、自分の中でいっぱいになっていました。

 

それで、今日2月4日は、自分の職場にも近い代田橋、下北沢に行ってみようと思いました。

ロックファンの端くれに過ぎない私ではあるが、手を合わせるだけでもしたい。

 

何よりも懸念したのが、服装でした。間に合わないのです。が、失礼のないものを着ていこう、もし浮いてしまうようなら参列は見合わせようと覚悟を決めて、代田橋駅を降りました。すでに最後尾の”プラカード”が見えていて、迷いつつも列に加わり、みなさんの服装を見ると、ジーンズなど私服の方も多くて(それでも落ち着いたトーンのなりをなさっていました)、他にはロックファンの鑑のような黒い革ジャンとヘアスタイルの方もいて、夕方、月が見える寒い空の下、待機することに気を集中することができました。

 

17時~20時(関係者は16時ごろ)ということでしたが、僕が月を見ながら近くの遊歩道で待っていたのは17時50分から18時過ぎごろ

まずまずのペースで前進して、大原の交差点付近に来た頃、誘導スタッフの方が、”代田橋駅まで列は伸びているけど、入場できるのはこの辺りまでです”という趣旨の話をされました。緊張が走りましたが、その後列は無事に「星かげの迎賓館」に吸い込まれていきました。よかった・・。

 

”ご芳名”を記帳しているころ、会場内には、シーナ&ロケッツの「フリクション・ドライブ」(1984年11月リリースのアルバム『NEW HIPPIES』収録)が流れているのが聞こえました、歌い出しでシーナさんがヤギの鳴き声みたいなのを出す曲←そういうふうに覚えていますすみません。それから、今回の資料を受け取って、献花と鮎川さんの写真の設置台の前を過ぎて2階へ。

 

喪主の鮎川陽子さんはじめとするご家族の方や関係者様方に会釈して、祭壇の前。

お焼香は一回、ご遺影に手を合わせ、

良い音楽をありがとうございました。

シーナさんと安らかにお過ごしください

と申し上げて、会場を出たのでした。

 

環七沿い。

 

そのまま、代田橋駅に戻った時、18時45分ごろでしたが、改札の前で、スタッフの方のご説明として、受付を打ち切らせていただいたが、北沢タウンホールの方は、まだ大丈夫、と耳にしました。

この時間帯ですでにですよ。自分よりも熱心に鮎川さんのファンでいたみなさんがいらっしゃるはずなのです。

 

ともかく、ここで初めて得た情報だったので、早速、北沢タウンホールに向かうことにしました。職場がその方角で、勝手知ったる場所。鎌倉街道を通って、茶沢通りの方向へひたすら歩いて、第二の会場に到着。

 

第1第2集会室が、もう一つの会場でした。こちらは、記帳や資料の配布などは受けませんでしたが、在りし日の鮎川さんの雄姿をライヴの写真やポスター、レコードジャケットなどの展示で知ることができました。イスもいくつもあって、ゆったりできる空間にされていました。メッセージをホワイトボードに書けるように用意されてもいました。

 

北沢タウンホール内の会場。

 

19時30分ごろ、会場を出て、食事してから、下北沢を後にしたysheart、タウンホールに来たことはツイート。

こんな端くれでも、第1会場に入場かなわなかった人のために少しでもお役に立てれば、と思いまして。

 

鮎川さんが亡くなられた29日から、1週間もたたない間にご家族はじめ関係者様方の準備から開催まで、本当にお疲れさまでした。そして、音楽ファンが気持ちを整理できる機会を与えてくださり、ありがとうございました。

 

いま、シーナ&ロケッツのベストアルバムを聴いています。しばらく、こんな時間を過ごすことでしょう。

(音楽レビューのブログの方では、そのアルバムを通して想いを記す予定です)

 

それでは。参列されたファンの皆様、参列はかなわなくとも、それぞれの場所で、鮎川さんを偲んですごされた皆さま、今日を無事に過ごせたことありがとうございます。

#83 THE仮面ライダー展つづき・平成(2000年代前半)令和最新編

1月15日、「THE仮面ライダー展」東京会場の感想の続きです。今日も雨なので、ただブログを書き続けるにはもってこいの日です。少し体調がよくないのですが・・・。

 

平成ライダー、正確には、平成のTVシリーズ編ということで、時は西暦2000年、『仮面ライダークウガ』で始まります。劇場版はないのですが、石ノ森章太郎さんが1998年に亡くなられた後の、20世紀から21世紀へとまたぐ最重要作品です。

 

池袋サンシャイン、展示ホールA、『THE 仮面ライダー展』入口付近。

 

本放送当時、僕は、VTR映像で面食らってしまい、違和感を覚えるあまり見続けることができなかったのと、昭和からの作品世界の影響で”こうあるべきだ”という世界観にとらわれていました。オダギリジョー演じる五代雄介のキャラクターにも自分の中で賛否渦巻く心境でした。

 

仮面ライダークウガ。空っぽの星、時代をゼロから始めよう。

 

それでも、本放送を、飛び飛びであっても、どうにか最終回まで観ていたのは奇跡的です。2020年から2021年にかけてYouTube動画で、ようやく、全話完走できました。

 

最終形態。ン・ダグバ・ゼバとクウガのアルタミットフォーム。

最終形態。ン・ダグバ・ゼバとクウガのアルタミットフォーム。

今見ると、素晴らしい主題歌、エンディングの「青空になる」。丁寧で、グロンギ役の俳優さんにも愛のある特番だったりとか(笑)、何より、グロンギ語という架空の言語の、人工言語のような面白さ、サムズアップと笑顔の尊さ、21世紀日本で、自分の価値観にヒントを与えてくれる様々な要素。大切な作品だとの確信が深まります。

 

グロンギのゲゲル(ゲーム)の計算に用いるバグンダダ(カウンター)。

 

さて、次の『仮面ライダーアギト』は、2021年こちらもYouTubeで全編観ましたが、リアルタイムではほとんど見なかったこともあって、思い入れ方が少し違います。

 

平成ライダーの序盤で、最も自分をリアルタイムでも現在でも懐かしさを超えて新しいままであってくれるのは、『仮面ライダー龍騎』ではないかと思うようになりました。実は、平成(21世紀に入ってから)では最高傑作ではないかと、2023年の今は、思います、僕をとらえ続けたという主観的な意味で。決して、本来の仮面ライダーの王道ではなく、異端の作品であるのにかかわらず。

 

龍騎。ミラーワールドを想起させる壁。

萩野崇さん演じる仮面ライダー王蛇(おうじゃ)は、大好きなライダー(悪者ですが)。惹かれますので、撮影しないわけにいきません(笑)。

 

仮面ライダーナイト(左)と、仮面ライダー王蛇(右)。

 

次の『仮面ライダー555(ファイズ)』は、当時は、従来型の仮面ライダーの持つ暗さ重さを継承した良作と考えていましたが、今は、ちょっと違う気がしています。が、映画『パラダイス・ロスト』で、私ysheartは一般応募のエキストラで出演を体験させてくれた思い出のライダーで、そのくらい気持ちを入れて観ていた作品なので、忘れがたいものがあります。のちに『キバ』が放送されたころに、芳賀優里亜さんのイベントで、そのことも含めてお話しできたのがうれしかったです。「あ、じゃあ、オルフェノクですね~(^^♪」と言ってくださいました。

 

仮面ライダー555。

 

2000年代のライダー熱は、しかしながら、2005年~2006年放送の『響鬼』の途中で終わりました。特撮作品のひとつとしてはよいけれどさすがに、ライダーの範疇を外れすぎていたという感想を持っています。

その後は、ライダーのタイトルだけで作品は観なくなりました。およそ関心の対象が仮面ライダーから外れる時期が続いたのだと思います。

 

しかし、置いてけぼり感がいつも心の隅っこにありまして、今回の展示は、そういうのを回収する/取り戻すきっかけにできると思ったし、実際、少しはそういう意義があったという感じがしています。

令和の『セイバー』までの時系列を整理・確認できました。

2006年以降、

カブト、電王、キバ、ディケイド、

W(ダブル)、OOO(オーズ)、フォーゼ、ウィザード、鎧武(ガイム)、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド、ジオウ、

令和に入って、

ゼロワン、セイバー、リバイス、ギーツ

 

バイス

 

なお、2022年10月には、Amazonプライムで、『仮面ライダーBLACK SUN』を観ました。

僕は、TVシリーズの映画版は、TVシリーズとのリンクがあるとみなしており(つまり同一の世界線を形成する余地があると捉える)、一方、『BLACK SUN』のような作品は、TVシリーズとはまったく別の世界線とみなしており、TVシリーズと合流しえない世界だと思いたい人です。映画版や配信動画版、OVAなど、仮面ライダーは、これと同様に、相いれない世界線の作品が多く出てきたという捉え方をしています。アマゾンズとか平成初中期の3作品など。藤岡弘、さんの出演されたFIRSTはそういった世界線の解釈をどうするかは、僕の中では微妙・・・。

 

BLACK SUN。

 

ともかく、先月29日には、新宿WALD9で映画『仮面ライダーギーツ リバイス MOVIEバトルロワイヤル』も観ました(後日、当ブログで感想を書く予定)。こうしてみると、僕もどうにか、最新の仮面ライダーの動向に辛うじて乗っかることができた気持ちで、過去と現在がつながるという、僕が当ブログで心がけている生き方が実現できているのはうれしく思います。

 

ギーツ。今ここ、ですね。

 

『THE仮面ライダー展』には感謝です。今回グッズは買っていませんが、形にならずとも、心に大きな希望とポジティブな魂を手にすることができました。主催者の皆様方に心より御礼申し上げます。

 

 

【THE仮面ライダー展、東京会場の最終日、滑り込んで来ました。ともかく行って良かった。私は、昭和と、平成のクウガからの数年間、それから一気に跳んで令和4年辺りが世代← 藤岡弘、さんが語る映像、感慨。 ありがとうございます! #THE仮面ライダー展】(1月15日午後4時6分ツイート)