ysheartの長い旅

観戦、観劇、鑑賞をきっかけに感傷に浸る旅の記録です。

#72 YES!『危機』50周年、来日2022

英国のプログレッシブ・ロック・バンドYES(イエスの来日公演は、3年ぶりの今回も迷わずかなり早いうちにチケットを得て、9月5日の東京公演(ツアー初日)を観たのですが、それから1週間後の12日追加公演も観ました。やはり、2回観たことで、ライヴの余韻が自分の明日からの原動力になったと実感できてよかったです。

 

2016年は、クリス・スクワイの追悼で始まり、何ともいえない気持ちだったのが思い起こされますが、2022年は、アラン・ホワイトの追悼で幕を開けました・・・。2019年の公演の際既に、ほとんどの曲をジェイ・シェレンが代役で演奏していましたが、ともかく、また一人、YES全史の多くの部分を生きた証人が星になりました。

 

以下、5日の感想、それに続いて12日の感想を、セットリストを含めながら記しておきます。2022年は、YESの最高傑作、プログレの金字塔、第5作『危機』(原題:Close to the Edge)発売から50周年となります。9月3日朝の、ジェフリー・ダウンズ(キーボード)のツイート”おはよう東京!”を見た時から、気持ちはライヴに一直線でした。

 

YES『危機』50周年記念ジャパンツアー

オーチャードホール(東京)

2022年9月5日(月)

18時15分開場、19時開演

 

右が今回のプログラム(5000円)。全編英語だが日本語版ダウンロード可。

 

YESメンバー:スティーヴ・ハウ(ギター)、ジェフ・ダウンズ(キーボード)、

ジョン・デイヴィソン(ギター、ボーカル)、ビリー・シャーウッド(ベース)、

ジェイ・シェレン(ドラムス)

※シェレンは正規メンバーとなっているのか私はわかりません

 

オーチャードホールの開場時間に、入口から建物内の階段をB1階まで降りるほどの入場待機列ができるなんて(しかも自分もそこに並ぶなんて)初めての体験でした。

 

特に今回は、コロナ禍で少なかった海外アーティストのライヴ、東京公演が(追加公演含めて)三日しかなく、あとは、名古屋・大阪で各一日。キング・クリムゾンの時とは事情が違います。

 

入場して物販でプログラム5000円に驚くysheart。3500円くらいだと思ってきたのだが。カード決済もダメ。さっき、2階でミックスサンドとコーヒーで一息ついたので、財布の中はout!ysheart、アウト~~!!(笑)

 

この日は物販のことを考えずライヴに精神を集中することにしました。以下、セトリへ!19時開演。

 

0.世紀の曲り角

Turn of the Century

《アラン・ホワイト追悼》

0.オープニング(ストラヴィンスキー作曲 組曲火の鳥』から)

Excerpt from 'Firebird Suite'

 

1.自由の翼

  On the Silent Wings of Freedom

2.ユアーズ・イズ・ノー・ディスグレイス

  Yours Is No Disgrace

 

『トーマト』(1978年)からライヴで聴けたのは僕は初めてです。そこから、例の胸像がスクリーンに左右対称に映し出されての2曲目、『イエス・サード・アルバム』(1971年)から。2019年東京公演でも演奏されましたが、これ聴くと、心にストンと落ちるものがある、安心の曲。

 

3.夢の出来事

  Does It Really Happen?

4.トゥ・ビー・オーヴァー

  To Be Over

 

『ドラマ』(1980年)、さすが、80年代にいちばん多感な時期を過ごした自分にはこういう音が最も親和性を覚えるのです。

それから、ハウ爺のソロ。あらためて、僕はハウのギターソロの知識もっと必要であり、それ以前に、『リレイヤー』(1974年)は聴いておけ(YESファンを語るなら!)と反省の気持ち。このソロ曲のタイトルは、5日の公演が終わった後でネットの情報からわかったのです。本来、ジョン・アンダーソンのボーカルと共に進行する楽曲です。

そして、次は・・・!

 

5.不思議なお話を

  Wonderous Stories

 

90年代暮れに、YESのベスト盤を購入した聴いた時に知って、すごく感動した曲です。

これほど美しい曲があったのかと。

今回のライヴ冒頭の「世紀の曲り角」と同様、『究極』(1977年)収録。

 

6.ジ・アイス・ブリッジ

  The Ice Bridge

7.燃える朝やけ

  Heart of the Sunrise

 

最新作『ザ・クエスト』(2021年)のオープニング曲。

続いては『こわれもの』(1971年)収録の好きな曲、80年代後半にFMラジオから毎週ある番組から流れてきて知った「燃える朝やけ」。ギターとベース、キーボードのスリリングな攻防。

最後にハウが見えを切ったかのような堂々の顔とこちらに投げかけた手に、拍手(笑)

 

そして今回、なんと、途中休憩ないまま、川のせせらぎの音が聞こえて、アルバム『危機』全曲再現につながります。

 

 

8.危機

  Close to the Edge

9.同志

  And You and I

10.シベリアン・カートゥル

  Siberian Khatru

ENC

11.ラウンドアバウト

  Roundabout

12.スターシップ・トゥルーパー

  Starship Trooper

 

ラウンドアバウト」では立ち上がったysheart!

おなじみ、独特なギターの音色がくりかえされる「Wurm」で幕。

※これは”虫”を意味するのか(それだと嫌なんですがw)、ウルム氷期を連想させるものなのか、僕は、まだ知りません

 

帰り道の人の波、「前回より良かった」という声が聞かれました。

僕は、前回も良かったです(「同志」のハウのペダルスティールギターが得も言われぬ心地よさへといざなってくれましたから。他にも「チャンスも経験もいらない」が聴けたり、トニー・ケイがいたりと、2019年Tokyo Dome City Hallでのライブも楽しい空間でした)。

 

プログラムからメンバーの写真。アラン・ホワイト含む。

 

帰宅してから、9月5日午後11時27分ツイート。

【YES来日公演初日、よかった。ハウのギター絶好調。ソロはClapじゃなくてsketches in the sunだったか?記憶が自信ない。3曲目のDoes it really happen?や5曲目にWonderous Storiesがライヴで聴けたのは感激的。ラウンドアバウトは立って手拍子。2時間。物販が高いので買い物せず良い余韻のまま帰宅。】

※ハウのソロに関して、このツイートは間違いで、正しくは、上記セトリの通りです。

ここで僕は、「To Be Over」収録の、YESファンを名乗るなら聴いて当然だと言われそうな、1974年作品『リレイヤー』を、ヘビの描かれたジャケットが怖いだとか、超絶長くてハードな印象の曲を聴くのに気が引けていた自分を、猛省したのでした。

つい先週のことでした。←

 

12日(月)

1週間あっという間だった。追加公演そして今回の来日最終日。

僕としては、5日の公演が僕の中ですべてだったと思っていたのですが(自分の準備不足や巡り合わせのよくない諸々のことがあったにせよ)、やはりもう1回自分を”補強”して、ある地点まで到達したいとの想いから、12日参加意思を固めて。この日は、自分の推しのアイドルグループのライヴもあったのですが、今回はこちらを選択しました。

 

仕事を終えて定時で打刻して駆けつけるも、前物販は、ほぼ目の前で締め切り。それはそれで、先陣を切って入場できるわけで、プログラムを5000円で無事に購入(あらためて今回グッズ全般に高額な印象)。往年のYESファンでないせいか、そのことへの諦めもあっさりできるのは、いいことかもしれません(笑)。

 

3階席から眺めるように観られたら十分だと思っていたが、結局、最後は立ち上がって、メンバーに手を振っていました。

以下、この追加公演のセットリスト。今回は、「不思議なお話を」「ジ・アイス・ブリッジ」が先に来て、ハウのソロ~+デイヴィソンのボーカル~ダウンズのソロ演奏、となるのが、12日だけの流れです。

 

Turn of the Century、火の鳥

1.自由の翼

  On the Silent Wings of Freedom

2.ユアーズ・イズ・ノー・ディスグレイス

  Yours Is No Disgrace

3.夢の出来事

  Does It Really Happen?

4.不思議なお話を

  Wonderous Stories

5.ジ・アイス・ブリッジ

  The Ice Bridge

6.トゥ・ビー・オーヴァー

  To Be Over

7.リーヴズ・オブ・グリーン

  Leaves of Green

8.ラジオスターの悲劇(インストゥルメンタル

  Video Killed the Radio Star

 

9.危機

  Close to the Edge

10.同志

  And You and I

11.シベリアン・カートゥル

  Siberian Khatru

ENC

12.ラウンドアバウト

  Roundabout

13.スターシップ・トゥルーパー

  Starship Trooper

 

『海洋地形学の物語』(1973年)収録の「古代文明/The Ancient」に含まれている、スティーヴ・ハウの演奏にジョン・アンダーソンのボーカルが加わるパートは、Leaves of Greenと呼ばれていて、2016年の来日時にも聴いた記憶があります。僕は、この2枚組は15年位前に初めて聴いた時点でかなり気に入っていましたが、当時の僕ですから、気分の域を出ていなかったでしょう。本当は、もっと聴いていかなければね、人と語れませんよ(自虐的な心境です)。

 

この曲は秋の訪れをイメージさせてる気がしないでもない。

今日(14日です)も暑かったけれど、徐々に秋の日差しに移り変わっていくでしょう。

 

11月の紙ジャケ再発とのこと。『ビッグ・ジェネレイター』含む嬉し。

 

僕がプログレに入った起点は、80年代半ばのエイジアからでした(ハウのいない3rd『アストラ』です)。―だから、エイジアにはそれ以来親しみもあり何度かライブを観たので、今回のダウンズのソロとスクリーンのMV(少女が可愛い)は僕にはしっくりきますねえ―。

87年に、リアタイでYESを聴いたのが、11月の念願の紙ジャケが実現する『ビッグ・ジェネレイター』でした。そこから、『ロンリー・ハート』にさかのぼる道と、『結晶』に向かう道と同時にたどっていくことになるのです。

ラウンドアバウト」が本当に楽しいと感じたのは、たぶん90年代終わりのベスト盤で聴いた時で、ここで多くのイエスクラシックを聴きました。

 

今でも悔やまれるのは、2003年の来日公演を観られなかったこと。あの頃、僕がもっと豊かであったなら!でももうどうにもならない。クリス・スクワイアはもういない。

ジョン・アンダーソンのいるYESは観ていない。もっとも、ジョン・アンダーソンのソロ公演を2006年に(東京国際フォーラムで)、トレヴァー・ラビンリック・ウェイクマンのトリオ来日だった2017年も観ました(あれは2回観ました、やはりオーチャードホール)。それはせめてもの救いと言えます。これでもYESファンです。

 

9月5日、渋谷の街を後にした。

 

9月12日午後11時17分のツイート。

【#YES 『危機』50周年記念ツアー9/12東京、1週間ぶり再び。5000円パンフレット買った。5曲目TheIceBridge後、ハウのTo Be Overからデイヴィソン入ってLeaves of Green。ダウンズのラジオスター!うれしい80年代的流れ僕には良かった。アンコールは同じ2曲、感動の幕。ぜひまた来日を。#yesjapantour2022】

 

感動をありがとう!またYESメンバーの皆さんと再会できることを願っています。

#71 アットジャムEXPO2022、8月27日!百晴13年Bety夏から秋へ

夏の終わりを飾るアイドルフェス、「アット・ジャム・EXPO」、横浜アリーナにて。

今年は8月26日から28日までの3日間開催され、私ysheartは、27日土曜日のみ観てきました。推しグループのBety(べてぃ)の出演が27日だったからです。

 

2022年8月27日、横浜アリーナ。ミラーワールド思い出した。

 

27日から28日未明までのツイートを、Betyと、アトジャ全般に関連して再現すると以下の通り。

午後5時50分(←ごごごじごじっぷん、に初ツイという私自身に気合を感じるw)。

【ストロベリーステージで、アプガ(2)さんを見て、これから、ピーチステージで、アプガ(仮。#アットジャムEXPO2022】

午後6時17分。

アプガ(仮)は、バレバレI LOVE YOU一歩目のYES!今日も私が冴え渡る、の3曲。去年見た時とまた違うイメージだけど良かった。#アットジャムEXPO2022】

午後7時10分。(アプガ(プロレス)さんを観ました)

アッパーキック!の余韻(微笑みの絵文字)←#アットジャムEXPO2022】

午後8時50分。

【#オケトー で力を得て20時過ぎ終了、東京に帰る電車内から。 キウイステージ入る時、特典会場13-15にいて呼び掛けていらした赤紫系の衣装のグループさん、名前は分からないけど幸運の念を送っておきます! 27日#アットジャムEXPO2022】

午後11時24分(これが、Bety宛てのツイです)。

【夏の大詰め、#アットジャムEXPO 朝は #Bety から。ピーチステージは15分間、SEなし曲間短いのが奏功したか、バカ恋、パン、クロップ、バカ恋、と4曲!Betyの個性が伝わるステージになったと思う。特典会は炎天下だったが(汗マークの絵文字)、内容は良かった。 来年は2ステージ以上出られるといいね。#べ】

午後11時46分。

【#オケトー 27日 #アットジャムEXPO パイナップルステージ RIOT PARTYDANCING MONSTERメトロノームマーメイドオーシャンウイステージ(27日のトリ) ACTSONIC MOVEESCAPiSMCheckmate だったと思いますが、大好きな曲3曲が入っていて、キウイでACTで始まったのも最高な気分でした。】

28日午前0時3分。

【#アットジャムEXPO2022 27日、

一続きの演奏時間(15分20分等)全曲観れた中で、特に良かった/楽しかった/感慨深かった人たち

Bety

イケてるハーツ

JAPANARIZM

Symdolick

MAGICAL SPEC

THE ORCHESTRA TOKYO

FRUITS ZIPPER

DEAR KISS

アップアップガールズ(仮)

アップアップガールズ(プロレス)

 

この10組について、コメントしておきますと、

 

先ず、Bety15分間観終わって、ああ、全力少女R(昨年、百晴がいて約5年活動し昨年のアトジャ出演、昨年9月解散)とは違って、グループとして1年目のスタートゆえに、1ステージからなのだな、と思いました。

百晴にしてみれば、新しいメンバーたちと初心に返ってフレッシュな気持ちでできるなら、それは贅沢で楽しいことだといえるでしょう。僕はどちらかといえば、こんなふうにポジティヴに考えるほうです。それでも、やっぱりアイドルのどんな対バンやフェスにしても、長く継続して、しかも人気を集めるグループが優先される現実はあるのだろうなとも思い巡らすのでした。だから、2年目の夏も、Betyがあってほしいし、この同じグループのメンバーのまま、ひとつ乗り越えた自分たちを体験してほしいのです。

 

イケてるハーツが、昨日、9月2日付で、解散の発表をしました(Twitterにて見ました)。8年よく頑張ってこられましたね。よく続いているなあと思いながら、これまで、みていました。特に、城木玲亜さんは、百晴とともに『時空警察』シリーズの舞台で活躍されたし、水着撮影会でも、私は百晴を撮影した日に城木さんを見たこともありました。

 

JAPANARIZM(通称、ジャパナリ)は、昨年前半に、初めて観て、今年初めに、元・全力少女Rの佐藤絵里香(以下、えりちゃ)さんが加入し9人体制になってから何度か観ました。この8月27日時点で7人となっていますが、この日ステージを観て、えりちゃの立ち位置もいくぶん落ち着いてきたな、グループのパフォーマンスもノリの良さは変わらないのですが良い意味で安定感が増したなあと感じました。

 

Symdolickは、個性的なメンバーがそろっていますね。この時パイナップルステージでは、杏斉ゆかさんの笑顔が印象的でしたが、この方は8月でSymdolickとしての活動を終了する?という情報をネット上で拝見しました。少し残念です。

 

MAGICAL SPECは、今回上掲ツイートに掲げたグループの内で最も平均年齢が若い印象を受けた、天真爛漫な雰囲気、みんなひたむきで、パフォーマンスが楽しい充実しているという感じが伝わってきました。パイナップルの次に、別のステージで観た時は、カメンバーカラーのはっきりした衣装でいらしたのですが、パイナップルの時の衣装も良かったです。

 

オケトー!THE ORCHESTRA TOKYOがこの日だけで、2回観られて、しかも、最後は27日のキウイのトリでした。大変、よいステージ、元気なまま、会場を後にできました。特典会は、流川さん(のりぴ)と平澤さん(めいちゃん)と話せましたが、大石さん(のんちゃん)裕木さん(まいまい)ともまた、お話したいと思っています。オケトーを観るようになった経緯は、私ysheartのもうひとつのブログでCDレビューを書いた中で言及しておりますので、私のTwitterからそちらへ跳んでください!ジャンプだ!跳べ!←

 

FRUITS ZIPPERは、百晴が映画『夏色のマフラー』で共演した鎮西鈴々歌さんがいらっしゃるので、観てきました。このグループには、また他と違った魅力がありそうに感じました。また観る機会があれば行こうと思います。

 

DEAR KISSは、2018年だったか、何度かライヴを観ました。特典会にも行ったことがありますし、静岡のマルイだったかな、そこでも観てお話したことがあります。懐かしい。安定して、クオリティの高いダンスが、今回も特徴的でした。

 

そして、アップアップガールズ(仮)。このグループは、自分はもう少し楽曲を覚えてから、チェキ会に行きたいと思っています。一人一人が元気度MAXな感じで、アプガ(仮)のことをツイートすると少なくても3人はいいね!をしに来てくれます(笑)うれしいし、今度必ず行こうという気持ちになります。

昨年、初めてちゃんとライヴを観たのが、まさに、アトジャ、横アリでした。今年は名古屋のAichiSkyExpoでのアイドルフェスで、小山星流さんとチェキを撮っていただけました。元気なステージを早く観たいと思っています。

 

最後に、アプガ(プロレス)ですが、女子プロレスのヒロイン的存在が、テーマソングを歌うことが歴史上続いているのは、うれしいことですね。アッパーキック!は本当にわかりやすく、たぶん子供でも覚えられるでしょう。今後ともご活躍を祈ります。

 

26~28日、3日間、みなさんおつかれさまでした。

 

以上、アットジャムEXPOは、27日だけでしたが、全ステージをまわることができ、いろいろなアイドルが見られて、有意義な日でした。

 

さて、ここからは、当ブログの現時点の主人公、Betyの話を続けます。

このアトジャをはさんで、今日9月3日までの間に、私ysheartがBetyを現場へ観に行ったのは、8月11日と、9月1日の2回です。

8月上旬は、コロナ感染のため、10日間の療養をしていたため、その後、少し慎重に行動していました。

派手に動き回らず案外規則的な生活になったおかげでなのか、1キロ減のダイエットに成功し、体調がすっきりした後で、最初のBety現場が、Spotify O-Crestでした。実はここは初めてでしたが、すぐ隣りは、すっかりおなじみ、特典会を外のすごく狭いところでやったりするDUOさんです。

 

3マンライヴ。SpotifyO-Crest、8月11日。

 

8月11日、午後10時10分(キリっ!)ツイート。

【『噛みつき祭vol.5』初Spotify O-Crest、ご、5階まで上がろうとは(笑) #Bety トークコーナーはHADOの二人(百晴美来)。 1.クロップ 2.パンパンパレード 3.チャンスの神様 4.Kiralila 5.バカでも分かる恋愛論 アイドル現場&特典会、久しぶりで新鮮な気持ちで諸々話せてよかった。#べ】

 

そう、このツイートの通り、なかなかお話も気持ちよくできて、時にはインターバルを置くのも大事だなと思ったりしました。5階まであると思わなくて、面食らいました。

ここから、仕事のほうもお盆休みだったと記憶しています。

 

8月11日、Spotify O-Crest。渋谷を後にした。

 

余談ですが、この後、Betyは、滋賀県遠征に行ったのですね。竜王からのメンバーのツイートは、現地で楽しんで充実している様子がうれしかったです。自分は竜王行きも検討はしつつ結局見合わせたのですが、来年までに竜王でフェスがあれば今度は行ってみたいです。ドーラゴーン!!!

(昭和の特撮『電人ザボーガー』に登場する敵の魔神三ッ首が「ドーラゴーン!!!」て言うんですよ(・▽・)/ それで脈絡あまりないけど、ついつい言っておきますね 笑)

 

そして、8月の僕のエネルギーは、アトジャまでで消耗し、29日の無銭(秋葉原ZEST)へ一度は向かいながらも断念したのは少し自分が残念な気がしたのですが、その際、ツイートで”9月に備えて買い物をした”と書いたのは、9月1日の伏線だったことに誰か、お気づきだろうか?(▼▼)

 

以前ちらっとツイートしたように、ここで私が向かった店は、ドン・キホーテであり、遂に!2本目のキングブレードを購入したのである!

 

それはそうと、8月30日には、恒例のアイドル部門チェキ数、8月版をTwitter上に発表。

 

30日午後11時20分。

【推し事の現状2022番外編第8回 2022年8月アイドル部門チェキ数

百川晴香2 関口南那2 清水美来2 流川乃莉子1 平澤芽衣1 佐藤絵里香1 山本美羽1 (アイドル関連の人)1 計11敬称略 #Bety#べ#オケトー#ジャパナリ 今年最少だったが、諸々、次につながる充実の内容。ありがとう、みんな、夏の日。】

 

今回のアイドル関連の人は、野田怜奈さんです。すでに、アイドル活動でなく、演劇の舞台を中心に活動なさっていますが、その日は、アイドル時代の曲を、しかも初のソロライヴでやってくださったので、アイドル部門でカウントしました。

 

そして夏も終わり、早くも9月。

 

9月1日午後11時32分ツイート。

【GOTANDA G2 #Bety 。ツインテールで跳ねまわる南那ちゃん新鮮、完成度高い美来ちゃんコラボ、ダブルペンラで応援!ご主人様って言う百晴想像できぬが、可愛い~(可愛いの神様降臨) 研究生と初チェキだ #べ クロップチャンス、ヒロイン育成計画、生まれバカ恋 みんな、かわいくて、 みんな、いい(微笑みの絵文字)】

 

GOTANDA G2今回はコラボ目当て。

 

以前、同じGOTANDA G2で、今回のコラボが美来南那コンビと決まって、その時から、これは観ると決めていましたので、仕事帰りの大雨もなんのこっちゃなかったです(笑)

ペンライトが2本になって、ダブルマンとなり、パワーアップしたysheart!

 

Bety。左→右、関口南那、松居李々花、百川晴香、清水美来、山本美羽。

 

握手会もこれで3回目だったかな、だいぶ定着した感がありますが、握手できるというのは、かけがえのない宝物のような出来事ですね。

これが自然に自由にできないコロナ禍。世界はどうなっていくのでしょう。

 

そして、今回の特典会で、先月からしばしばBetyのライヴに登場している研究生の方々とも対面することを開始したysheart。初回は、アナザーもも(一人は百晴)、ももこちゃんでした。大変若く見えますが、中3でなく、高1であるとのこと。

がんばってください・・・。2020年代から先の日本と、アイドル界を支えていってください、志(こころざし)を高く掲げて、時代の先導者とならんことを。

 

GOTANDA G2、2022年9月1日。

 

移れば変わる世の習い。

 

私の苦手な言葉です。

 

否、私自身は過去じゃなく現在を生きて時間の経過に抗(あらが)って行きたいものです。ysheartですから。

 

百川晴香、デビュー13年、おめでとうございます!

 

カレンダーは9月。もう秋です。

 

では、アイドル応援記事で、また!

 

Special Thanks To...

 

Mirai SHIMIZU

Nana SEKIGUCHI

Ririka MATSUI

Miu YAMAMOTO

 

Mai

Uiri

Momoko

 

Noriko RUKAWA(TOT)

Mei HIRASAWA(TOT)

 

Erika SATO(JAPANARIZM, ex.FULL POWER GIRL R)

 

and..

 

Haruka MOMOKAWA

― Congratulations on your 13th anniversary!

 

To be continued...